誰でも、行って、いいんだよ

d0110057_105535.jpg

誰でも、行って、いいんだよ

「疲れたもの、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」 マタイによる福音書 11章28節

ロシアに滞在していた時、現地の友人に連れられて、
ロシア正教会の礼拝に出席しました。
一歩足を踏み入れ、美しく広がる大聖堂の内部に圧倒されている私を尻目に、
友人はさっさと前方の祭壇に進んで行き、蝋燭に火を灯して、祈りを捧げています。
一人取り残されてしまった私。当時クリスチャンでなかったので、
どう振舞ってよいのかも分からず、聖堂の後ろで友人の帰りを待つことにしました。
すると、いつから私のことを眺めていたのでしょうか、
一人のお婆さんが話しかけてきました。
なかなかロシア語が上達しなかった私にも良く分かる、ゆっくりとした口調ではっきりと。
しわだらけの飛び切りの笑顔で。「誰でも、行って、いいんだよ。」

それから数年後の日本で、大きな悩みを抱えていた私は教会の扉を叩こうとしていました。
ところが教会の回りを行ったり来たり・・・。
だって中の様子が見えず、牧師がどんな人なのかも分からないのに、
教会に入っていく勇気はとても湧きません。
道行く人の目も気になって、玄関の前に立つことすら、なかなか出来ません。
そんな小心者の私の心に甦ってきたのは、あの日のお婆さんの声です。
「誰でも、行って、いいんだよ。」

あの声を通してイエス・キリストが語ってくださったのだと信じています。
なぜならキリストはこう語ったからです、
「疲れたもの、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」と。
キリストはすべての人びとの身代わりとなって十字架に掛かって殺されました。
それはキリストを信じた弟子のためだけの、身代わりではありません。
キリストと敵対し、信じないで侮辱する人々をも愛して、
十字架の上で彼らを赦して死んでいったのです。
すべての人が神様に愛されていることを伝えるために。
このキリストの十字架の死によって、
神様はすべての人を赦し、救いを約束してくださいました。

ですから、どこかで十字架を見かけたら思い出してください。
これは今を生きる私たち、どんな人でも神様に愛され、
招かれている“しるし”だということを。
そして、あなたの心にいっぱい抱え込んだ重い荷物を、
神様のもとへと降ろしに来てください。
気休めなんかじゃない、心の奥底からの休息を味わうことが出来るでしょう。

え?自分なんかとても神様の前に立つにふさわしくないって?
そんなことないですよ。
「誰でも、行って、いいんだよ。」


ナザレン教団出版局「ふくいん」1月号より 
[PR]
by nazarene100 | 2016-01-01 10:30 | ショートメッセージ
<< 学園教会のパイプオルガン・プロ...  礼拝説教<要旨>「人を汚すもの」  >>